【業界予測】個性派アイドルの時代はあと2年は続く

スポンサーリンク
音楽
スポンサーリンク

スポンサーリンク

個性派アイドル

最近、「個性派」アイドル、「独特な感性を持つ」アイドルが増えてきた。

というよりも

そういうプロモーションでやっているアイドルが増えてきた。

多分この先もそういうアイドルが増える。

こういうアイドルの時代が始まったのは

オタクばかりを集めたアイドルグループ

でんぱ組.incと

見た目だけでなく個性を重視したアイドルグランプリ

「Miss ID」と

渡辺淳之介プロデュースの

「BiS」がきっかけな事は間違いない。

MissID受賞者と言えば

初代ミスiDは玉城ティナ。今じゃアイドルではなく女優として引っ張りだこだ。

そして確実に個性派アイドルの先取りとして

デビューしたのが2015年にミスiDとなった

金子理江とファイナリスト黒宮れいが

一時期共に活動していたアイドルグループ

LADYBABYだ。

その後も様々な個性派が登場した。

個人的推しはミスiD2020嵐莉奈だ。

WACKと言えば

歴史はBiSから始まった。

メンバーが全裸になって走り抜けるMVや

過激なパフォーマンス、今考えたらパワハラな運営からの無茶ぶり

プロモーションのやり方は間違ってはいたが

その影響で彼女らの人気はうなぎ上りだった事は確かだ。

Bisの横浜アリーナでの解散から直ぐに

立ち上がったBiSHも何度か躓いたが

パワハラも無くなりただ実直に

アイドルとしての力をつけて、且つ個性も大事にして

今や日本のトップアイドルとして名を馳せている。

正統派アイドルの衰退

AKBグループ、坂道グループが正統派アイドルの枠を完全に抑えている。

故に、正統派アイドルはそこまで跳ねない。

一見正統派に近いように見える

でんぱ組.incだって個性をおもむろにぶつけて成り上がったのだ。

そう考えると正統派アイドルになりたければAKBや坂道に入るしか方法はない。

つまり他の正統派アイドルは衰退していく。

昨年のデビューから一気に世間を沸かせているZOCもまた個性派アイドルなので

世間を沸かせるにはどうしても個性が必要になる。

あと2年は続く

何故2年かと言えば坂道グループの主要メンバーが

次々と脱退、卒業しているからだ。

AKBが一時期、時代を食うように色んな人を沸かせていた2012年頃。

前田敦子もいた神7が次々と引退した後の

世間での人気の下がりようはえげつなかった。

そこから2016年頃、乃木坂の存在が大きくなり

人気は確実にAKBグループを超えた。

欅坂もまただいブレイクを遂げる。

しかし、時代は繰り返している。

人気絶頂の今、白石麻衣や他の代表的なメンバーも卒業を宣言している。

坂道グループは人気を保てて2年だと判断する。

前田敦子の引退から2年、指原莉乃、恋するフォーチュンクッキーで人気を保てたように

坂道グループも2年は保てる事は確かだ。

逆に言うならばあと5年もすれば時代は変わる。

個性派アイドルでもなく、坂道グループでもなく

今はサブカルチャーな

正統派地下アイドルの時代が来るのだと思う。

個性派の限界

個性派アイドルはどの番組でも同じ事しか言わない。

最初は「強烈な個性」で売れるかもしれないが

その個性にみんなは慣れてしまう。

それどころか「○○といえば○○ね」という枠から抜け出せなくなり

色んなことに挑戦しにくくなる。

特に経歴で売っているアイドルは危ない。

世間から見れば経歴なんてどうでもいいのだ。

世間は「これから」に注目する。

だから多分、保って2年だろう。

時代は移り変わる。

written by Bro.

コメント

タイトルとURLをコピーしました