【新曲】RADWIMPS『新世界』の歌詞の意味を考察・説明してみた

スポンサーリンク
RADWIMPS
スポンサーリンク

RADWIMPSに関する人気記事

スポンサーリンク

前文

昨日(2020/05/08)テレビ朝日系列の音楽番組「MUSIC STATION」にて新曲を初披露したRADWIMPS。

番組側からオファーをもらった時に「それなら新曲やります」と快諾し、

その曲が出来上がったのは放送の2日前。

今年も3.11に発表した新曲「世界の果て」。

新曲の曲名的にこの曲を連想しがちだが僕は全く違う意味が込められていると考えている。

話はずれたが、「世界の果て」の楽曲発表からすぐに新曲を発表した。

それが都市封鎖で苦しんでいる中国の方々を励まそうと作った「Light The Light」だ。

そして、新曲の連投は止まることを知らず、元々製作してあったであろうCMタイアップ曲「猫じゃらし」。

その1ヵ月後の昨日、テレビで新曲が発表された。

その曲の名前は「新世界」

歌詞

RADWIMPS - 新世界
Listen to content by RADWIMPS.

「僕と君なら きっと越えて行けるさ」

そう言った君の声が 細く震えていたんだ

あといくつの「夜」と 「空っぽ」噛み締めたら

辿り着けるのかも 知る人さえ皆無

「当たり前」が戻って来たとして

それはもう 赤の他人

きっと同じ世界には もう戻らない

「ただいま」と開けたドアの先は「新世界」

僕ら長いこと 崩れる足元を

「上向いて歩けよ」と 眼をそらしすぎた

泣いて 泣いて 泣いて なんかないよ

泣いて 泣いて 泣いて 泣いてないよ

「凪いで」「凪いで」「凪いで」 泣いてないで

泣いて 泣いて 泣いて 泣いてないよって

見てたいものだけに ピントを合わせては

あとはモザイクで 地球を覆ったの

僕ら空に落ちてく ビルは剥がれ堕ちてく

金は皮膚を剥いでく 罵声は跳ね返ってく

生け贄は積もってく 運命はイビキかいてる

綺麗な0を描いてさ 新しくしよう「今」

キズだらけの迷子だけが 産まれることを許されたこの地球の上で

何を「優劣」などとのたまう?

実況席で今日も構える神よ、何を思う あなたの眼で見届けたまえ

このカタストロフィの結末を

「僕と君なら きっと越えて行けるさ」

そう行った君の声が 細く震えていたんだ

夢は冷めるまでは まだ夢ではないさ

嘘がバレるまでは 嘘ではないように

「この時空で最後の恋ならば 君と越えて行きたい」

淀み切った真実 なんて欲しくないんでしょ

可愛い顔の嘘が 好きで仕方ないんでしょ?

君が勝ちたいなら 僕は負けでいいから

それで嬉しいんなら じゃあ笑顔を見せてよ

君と描きたいのさ 揺れた線でいいから

明日の朝あたり 世界を変えにいこうかね

意味・考察

「僕と君なら きっと越えて行けるさ」

そう言った君の声が 細く震えていたんだ

それくらい乗り越えられる確証がまるでない。

これからどうなるかわからない。怖い。

だから君の声はきっと震えていたんだろう。

あといくつの「夜」と 「空っぽ」噛み締めたら

辿り着けるのかも 知る人さえ皆無

「当たり前」が戻って来たとして

それはもう 赤の他人

きっと同じ世界には もう戻らない

「ただいま」と開けたドアの先は「新世界」

あと何日こんな日々が続いて、「当たり前」がなくなった日々を耐え続けたら

「当たり前」の日々に辿り着けるなんて誰にもわからないのだ。

もし、もしも「当たり前」が戻ってきて

今までの日々がまた流れていくとしても

それは今までと全く同じものではなく

全く違う「新世界」なんだと思う。

あの「当たり前」にはもう戻れない

僕ら長いこと 崩れる足元を

「上向いて歩けよ」と 眼をそらしすぎた

僕らは見たくない現実から眼をそらして

励ましのような言い訳で日々を過ごしてたんだ

泣いて 泣いて 泣いて なんかないよ

泣いて 泣いて 泣いて 泣いてないよ

「凪いで」「凪いで」「凪いで」 泣いてないで

泣いて 泣いて 泣いて 泣いてないよって

辛い悲しい苦しい。単純な負の感情が襲ってくる。

そんな現実を受け入れたくない。強がり。

心を静めて。泣きたくないんだよ。

騒ぐ心を静めたいんだ。泣いてないよ。

見てたいものだけに ピントを合わせては

あとはモザイクで 地球を覆ったの

見たくないものをわざと見づらくして

司会の端っこには入ってたかもしれないけど

知らん顔して幸せや嬉しいものだけを見ていたんだ

僕ら空に落ちてく ビルは剥がれ堕ちてく

金は皮膚を剥いでく 罵声は跳ね返ってく

宙を舞っていた僕らは空へと落ちていって

会社や企業はつぶれていく。

金を稼げば一皮剥けると言うが

助成金だの給付金だの人は逆に一皮剥けたように怒りながら金を求めている。

そして、disや批判を飛ばすだけ飛ばしている。しかし、それは跳ね返る(ブーメラン)。

きっと自分にも同じことが言えるんだろう。

生け贄は積もってく 運命はイビキかいてる

綺麗な0を描いてさ 新しくしよう「今」

苦しんでいる人は増えていき、死者が生贄のように増えている。

運命は何も変わらない。現状はこのままだ。

新しい世界へ捧げるための生贄のように死者を増やしてく。

だから、ちゃんとした構想を立ててさ、きっちりとした決まりも作って、

「今」世界を新しくしよう。

そしたらきっと。

キズだらけの迷子だけが 産まれることを許されたこの地球の上で

何を「優劣」などとのたまう?

情に傷を負っていない人間なんて誰一人いない

この世界、この地球で、何が優れているとか劣っているとか

言ったって仕方ないだろう?

そうだろ?何に優劣をつけてるんだよ?神様

実況席で今日も構える神よ、何を思う あなたの眼で見届けたまえ

このカタストロフィの結末を

この地球を見下ろし、実況席で悠々と眺めてる神様よ

この状況をそこから見て何を思うんだい?

まあ見届けてよ。

この突然の大変動の破滅的な結末を見ててよ。

「僕と君なら きっと越えて行けるさ」

そう行った君の声が 細く震えていたんだ

相変わらずだね

まだ怖いんだね。

夢は冷めるまでは まだ夢ではないさ

嘘がバレるまでは 嘘ではないように

この日々は夢だったんだな。だけど覚めてしまえば、これが現実だね。

嘘だってバレなきゃ嘘じゃないでしょ?

だからさ、ずっと夢を見ていようよ

「この時空で最後の恋ならば 君と越えて行きたい」

そう言った君の声は震えていなかったんだ。

淀み切った真実 なんて欲しくないんでしょ

可愛い顔の嘘が 好きで仕方ないんでしょ?

辛い現実なんか見たくないんだろ?

それから眼を逸らして見る嬉しい嘘の方が心地良いんだろ?

君が勝ちたいなら 僕は負けでいいから

それで嬉しいんなら じゃあ笑顔を見せてよ

君が笑顔を見せてくれるならそれでいいさ。

君は勝てば笑顔を見せてくれるかい?

それなら僕は負けでいいよ。

だから笑ってくれよ

君と描きたいのさ 揺れた線でいいから

明日の朝あたり 世界を変えにいこうかね

君といたいんだよ。これからも。

君と新しい日々を描いていきたいんだよ。

キッチリした世界じゃななくて良い。

揺れて綺麗だとは言えない線で良いのさ。

明日の朝にでも2人で描きにいこうよ。

「新世界」を。

ジャケット

左半分が多分今までの「当たり前」の世界

右半分が多分これからの「新世界」

を表してるのではないかと思う。

要約

見たくない現実からは眼を逸らしてきた僕ら。

「今」この時代に直面してもなお、僕らは眼を逸らしている。

それでも自分にも言えるような罵声を飛ばして、「当たり前」を語る。

もう「当たり前」など戻ってこないのに。

もし、この日々を乗り越えることができても

きっとこの前までの「当たり前」はもう顔を見せてはくれないんだろう。

そこに広がるのは新たな世界

それなら君と僕は新しい世界を描きたいんだ。

君と一緒なら歪んでてもいいよ。

一緒に描いてこうよ。

「新世界」を。

written by Bro.

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました