【ONE PIECE】96巻面白すぎてなんかムカついたから感想と考察した①965話

スポンサーリンク
onepiece
スポンサーリンク

いや~ほんとに。

面白いな。マジで。

は?面白い。

ジャンプで1回読んでんのに面白い。

ってか、面白い。

1話1話すごいボリュームだから

1巻にまとまってるやつ読むと死ぬ。

面白い。

ワクワクとドキドキとナキナキが

入り混じって見たこともない感情を

作り出す。

まあ、感情は観れないけど。

はい!ONE PIECE96巻!考察!感想!始まり!

スポンサーリンク

第965話”黒炭家の陰謀”

トキ

800年も前からやってきたトキは

両親の故郷が「ワノ国」な為

そこを目指していると言う。

彼女は何故800年も前からこの時代を選んで

やってきたのかは謎に包まれている。

彼女の情報はトキトキの実の能力者であることと

800年前の住人だと言うことしか出ていない。

先に述べてしまえば

トキの過去が描かれる事はなかった。

このタイミングで明かせない理由があるのだろうか。

知りたくてムズムズしてる。

おでん

そしてモモの助が生まれた後

白ひげは欠員だった2番隊の隊長の

誘いを受ける。

そんな選択に乗るもこともできたが

おでんは自由な冒険を選んだ。

黒炭

一方、ワノ国では

黒炭であるババアとジジイの戦略に乗っかったオロチは

ババアのマネマネの実の能力によって国民全員を騙して将軍に成り上がろうとしていた。

ババアは金獅子のシキと接触がある事が

既にわかっており、

海外に行った事があるとも言っている。

権力闘争にて光月に負けてから

黒炭はたくさんの迫害を受けてきた。

先代将軍に子供が産まれな買った事で

世継ぎがいないと問題になっていた。

黒炭家と

同じように大名家があと4家あって

霜月家、雨月家、天月家、風月家がある事がわかった。

今のところ霜月家しか登場していないが

今後は苗字にも注目していきたい。

黒炭②andおでんとロジャー

以前、黒炭家の先祖というか

オロチのおじいさんも

将軍になる為に

大名を1人ずつ殺していったが

生まれてきた光月スキヤキによって

その夢は儚く散って

腹を切って自分の生涯に終わりを告げた。

ババアのマネマネの実の能力を目の前にして驚きながらも

ババアから差し出されたものは

変わった形、模様の今までとは違う悪魔の実の形態だった。

幻獣種の悪魔のみだからかもしれないが

どう考えてもおかしな形をしている。

そして、おでんは次々とオロチに金を貸してしまうのであった。

おでんやスキヤキになりきり

国民を騙していく様が描かれている。

そして光月おでんは

冒険の最中

運命なのか偶然なのか

幸運なのか不運なのか

海賊王にる前の

ゴール・D・ロジャーと出会う事になる。

まとめる

めちゃくちゃ長くなっちゃったので

今日から1日1話感想を言いたいと思う。。。

見やすいように

全話投稿し終わった後にリストみたいなやつ作る。。

そこにSBSについて書く!

いや、マジで内容濃すぎて

書く事しかないんですが???

今日もブログ読んでくれてありがとう。

最後に今日の1曲!

また明日ブログで会いましょう!

バイバイ!

04 Limited Sazabys「Squall」(Official Music Video)

written by Bro.

コメント

タイトルとURLをコピーしました