【衝撃的な最新話】ONEPIECE 981話 感想・考察(週刊少年ジャンプ27号)-遂にアイツらが”参戦”-

スポンサーリンク
onepiece
スポンサーリンク

スポンサーリンク

第981話”参戦”

メルタンとNUMBERS

前回、キッドがアプーに向けて怒りの鉄槌を放った。

そのキッドの腕のところにぽ、ポケモンが、、、

そういえば作者の尾田栄一郎氏、ポケモンGOにはまっていることを公言してた。。。すご。。ここに繋げるのかよ。。。。

そのポケモンの名前はメルタン。

今週も1ページ目でメルタンはキッドの右肩に堂々と乗ってたね。。。メルタン考察になってる。。。。

そして遂にクイーン達に兎丼の異状を知られてしまった。。

キッド達と同盟を組んだ時点でアプーはすでにカイドウの参加だったことが明確になった。ローがパンクハザードで「新世界を生き残るには四皇の傘下に入るか挑むか」って言ってたのを思い出した。

アプーみたいに現実主義な人、リアルな世の中にもいる。海賊も現実も「どこかに属す」か「挑んでいく」の2択なんだろうな。

そして、クイーンは意外と冷静にあっさりとキッドを殺す許可を部下達に出した。その途端、一枝に部下達が殺しにかかるもその中でひときわ目立つ人物がいた。

そこに仲間をも吹っ飛ばして現れたのはNUMBERS ナンバーズ

遂に1人の正体が明らかになった。名前は”八茶”(読み方:はっちゃ)。

巨人族よりでかい図体で金棒を振り回す。「巨人族よりでかい」。このワードで考えられるのは一つじゃないだろうか。

ワノ国編に入ってチラホラとパンクハザードとのつながりが垣間見えている。パンクハザードに百獣海賊団の海賊旗のマークがあったり、SMILEの”失敗作”が身体の全て龍になるカイドウと同じ能力であったり・・・

その中で「巨人族よりでかい」と聞いて思い立ったのは、モチャ達が食べていた覚せい剤入りのキャンディを思い出した。

子供達の体が異様に大きくなるキャンディ。大人が食べたら、巨人族が食べたらどうなるのか。

カイドウ→ドフラミンゴ→シーザーと間接的にカイドウとシーザーが繋がっていることからそのキャンディも闇のブローカーの間では流通していたのではないだろうか。

これについては、後日また考察する。

八茶は自分の力を制御できてないのは、酔っ払っているためであろうか。

アプーの攻撃範囲と錦えもん達の動向

最悪の世代であるルフィ、キッド、ゾロ、キラーは四人で城へと走っていく。

そんな最中でもアプーの攻撃は止まらないがキラーが耳をふさぐ事を支持することで誰もダメージを受けずに済んだ。

アプーの攻撃範囲は音が聞こえる距離。聞こえてしまえば逃れる術はない。割と最強な能力で笑った。

その光景を上から眺める飛び六砲のフーズ・フーはルフィ達よりヤマト探しをすることを決めていた。どうやら彼にも殺したい奴がいるらしい。

ワノ国は裏切りの連続だなぁ。

未だビッグマムはお化粧中。到着が遅れているビッグマム海賊団とは連絡取れてるとのこと。

しかし、正規の港に船影がないことから相当な遅れをとっている。

「港」って何だい?

ん?は?え?まだ1部で記憶喪失続いてる感じ?は?

一方鬼ヶ島の東側を進む「東軍」の錦えもん達は山道半ばで二手に別れることにした。

半分はドクロの横から侵入し敵になりすまし、半分は作戦通り裏口から入る。

その道には遊郭が並んでいた。ルフィ達の騒ぎで遊郭の中にはほぼ人はいなかったので作戦を続行を決意した。

しかし、その足音に気がついて遊郭の中にいた一人の女性が窓を開けた。

その女性の名前はビッグマム。

錦えもん達は水の中に隠れたがチョッパーだけはとっさに隠れることができずにビッグマムと目が合ってしまう。

笑った。

“参戦”

ビッグマム海賊団は遂に二度目のワノ国への滝登りを開始する。一度目に撃ち落としたキングを恨みながら。

そして、その上空に現れたのが。。。あぁ。。。待ってた。。本当に待ってた。。よい

元白ひげ海賊団 一番隊隊長 不死鳥のマルコ

かっこいい!!!えーーー!!かっこいい!!!

技もかっこいいな!!!好き!!!!

そして、ネコマムシが出てくることはわかってたんだけど侠客団ガーディアンズの船に!!!

イゾウがいる!!!!あー!!!!!

最高!!!!ONEPIECE最高!!!!ワノ国編に出てくるキャラを考察した記事で以蔵の名前あげてたからめっちゃ嬉しい!

来週休載じゃないっぽいので楽しみだな!!!!

今日はここで終わり!!!!

また来週から元気に考察していけるように頑張ります!!それではまた来週!!

バイバイ!!!!!

written by Bro.

コメント

タイトルとURLをコピーしました