【最新話】ONEPIECE 979話 感想・考察(週刊少年ジャンプ23号)

スポンサーリンク
onepiece
スポンサーリンク

スポンサーリンク

第979話”家族問題”

油断

オロチは自分が全ての情報を握っていて万全の対策をとっていると思い込んでいる。

つまり、油断している。

オロチだけではない全員だ。

カン十郎から受け取った情報が全てだと勘違いしている。

ってか、カン十郎のこの小鳥ってどこかで見たことありませんか?

あ、これに関してはまた今度ブログアップします。

もちろん赤鞘、侍、ヤクザ、ミンク、ルフィやキッド、ロー達を含む海賊は

既に鬼ヶ島へと討ち入りを果たしている。

そして、カン十郎は未だ鬼ヶ島へと入るのを苦戦している。

カン十郎はどうも鬼ヶ島に入るのは初めてらしい。

そしてモモの助は転がっている敵の短剣に注目していた。

何故だかカン十郎の様子を伺っていた。

この短剣が今後、重要になってくるはずだ。

一味の動向

ルフィはキッドが正面から突入していくのを見て負けじとそのあとを追った。

ゾロはそれを見兼ねてルフィを追うが、迷子になっていることは確実であろう。

そして、フランキーのメカ

“クロサイFR-U””4号”にはフランキーとブルックが乗り

“ブラキオタンク5号”にはナミ、ウソップ、チョッパー、しのぶ、キャロットが乗っている。

そして、それに乗れずじまいのロビン、カイドウは歩いて向かう事に。

サンジはブラキオタンク5号が満員で乗れなかった為、そのメカの上に乗りながら向かう事にした。

その一部始終を影で見ている者がいたが、これが百獣海賊団のメンバーなのか

はたまた味方なのか、失踪中のカイドウの息子なのか。

バカ息子「ヤマト」

ついに飛び六砲の前にカイドウが来た。

彼らを招集したのはカイドウではなく大看板の1人、キングである。

キングの名で召集をしても大看板の座を狙っている元海賊団船長

フーズ・フーとササキがはこない事を見込んでカイドウの名を使って召集したと言う。

しかし、ここでX・ドレークの名は何故上がらなかったのだろう。

彼の冷静さや向上心の無さからだろうか。

それとも、スパイだという事がバレているからだろうか。

スパイだとバレているとしたら何故彼をここにカイドウ達は留めているのだろうか。

気になる。

さて、話を戻そう。キングが飛び六砲を召集した理由。

それはカイドウの家族問題の解決であった。

そしてここで新情報が一つ。

この海賊団は実力で成り上がる事ができる組織である事がわかった。

そして新キャラ・ムササビのSMILEの能力者である真打ちのパオファンに

スケジュールを読ませるのだが、このスケジュールに関しては次の項目に書こうと思う。

そして、飛び六砲に課せられた任務は

失踪したカイドウのバカ息子「ヤマト」を連れ戻す事。

無事連れ帰れば大看板への挑戦権を渡すという約束をした。

キング、ジャックもその事に関して同意した。

スケジュール

現在クイーン@「金色神楽」ステージ

大看板andフクロクジュの乾杯@「金色神楽」ステージ

オロチandカイドウの言葉

ビッグ・マム海賊団到着

世界最強の海賊同盟宣言

カイドウの重大発表(ヤマトに関する)

おしるこ

鬼ヶ島へ正面から討ち入りを果たしたルフィとキッド。

ルフィはキッドを探していた。

料理に喜ぶルフィに1つの鍋に入ったおしるこが飛んでくる。

おしるこをかぶったルフィ。

酒のつまみにならないとおしるこを捨て

「おこぼれ町」をバカにするカイドウの部下達を見てルフィはお玉を思い出す。

このおしるこを食べた時にお玉が喜んで感動していた事を思い出す。

そして、ついにルフィの怒りは頂点にのぼる。

討ち入り、開始。

来週は休載なのでワノ国のまとめでもやっちゃいます!

読んで頂きましてありがとうございました!

バイバイ!

written by Bro.

コメント

タイトルとURLをコピーしました