ONEPIECEという漫画がやはりやばい

スポンサーリンク
onepiece
スポンサーリンク

世界的大ヒットを記録し続け、10年以上漫画界で世界一の売り上げを誇る作品”ONEPIECE”。昨年のメディア化により話題となった同ジャンプ作品の”鬼滅の刃”が驚異的な売り上げを叩き出している今もなお世界一を保っている。

1997年より週刊少年ジャンプにて尾田栄一郎氏が連載している作品”ONEPIECE”は10年以上前に社会現象を起こすほどのブームを巻き起こして以来この作品名を知らない若者はほぼいなくなった。

そんな作品に初心者ブロガーがどうしてもケチつけたいことがある。ケチというより文句だ。

“ONEPIECE”ファンのみんな。気分を悪くしたらすまん。

スポンサーリンク

伏線の散りばめ方が上手すぎてやばい

いや、ほんとに。上手すぎる。ほんとにダメだよ。鼻血出ちゃうもん。最近のコミックスでいうとSMILEのところ。あれは反則すぎる。

90巻以上に及ぶ大長編の物語の中で伏線が綺麗に本当に整理整頓されている。読めばわかる。

「は?あん時の伏線ここで回収すんの?ってかこんな伏線どこであった?40巻くらい前?あ、本当だ。あった。バカ?」

っていつもなる。ほんとになる。だから復習が絶対に必要な漫画なんだけど、全然復習って感覚にならない。

その伏線を探して読んでいたら「は?まじで面白い」って読み出すくらいに何回読んでも楽しい作品。

10回くらい読み返してるのに、それでも気がついてない箇所があったりとかする。好き。

空島編とかパンクハザード編とか、ワンピースの中で言ったらそんなに人気のない編だと思う。

ただ、その人気がないところはちゃんと尾田氏が計画的・計算的に伏線を散りばめている所だったりする。

僕もパンクハザードは意味わからん過ぎて読み返した部分も何個もある。その読み返しがめちゃくちゃ好きだったりもする。

「強いよ。。。ずるいよ。。。ダメだよ。。。尾田っち。。。」ってワノ国編は毎週なってるので、ぜひ読んでほしい。

小さく出てきていたところも本当に大事だったりして、それを見つけた時の興奮は人が月に初めて着陸した時の興奮に近い。月に着陸した事ないけど。

こういう小さな伏線も大きな伏線も平等に扱って、きれいに回収していくこの漫画すごすぎひん?

この作品に伏線は死ぬほどあるんだけど、それが今ひとつ一つ回収され始めてんのよ。ヤバない?終わりがチラチラ見えてきてんのよ。ダメ。終わってほしくない。死ぬ前日まで連載していてほしい。

本誌もコミックスも今がマジで激アツだから今すぐ本屋行ってくれん?90巻からでもいいから今すぐ買いに行くべき。

もうamazonでもKindleでもいいから買ってくれん?今が1番やばい。マジで。買わないとかほんとにダメ。

キャラクターそれぞれにちゃんと人生があってやばい

“ONEPIECE”は本当にキャラクターが多い。ドレスローザ編のコロシアムとか登場キャラ多すぎて「無理。覚えらんない。流石に無理。」ってなったけどドレスローザ編終わる頃には全員の名前覚えてるどころの騒ぎじゃなかった。

普通にルフィたちがこの島から出ていく時メチャクチャ寂しかった。確かに大船団になったわけだし、また会えることは確かなんだけどしばらく出てこないとなると寂しい。

そんな寂しさを抱けるのもキャラクターそれぞれの人生を知ってしまったから。敵にすら同情してしまうこともある。

こうやって一つ一つのキャラクターを丁寧に描いてくれるからダメだなってなる。メチャクチャ泣いちゃうもん。

1番泣いたのはブルックの人生。バカ泣いた。それからウソップが嘘をつき始めた理由は本当に素敵だった。キュロスの人生はなんだかすごく切なかった。

人生があるのは人間だけじゃない。この物語では船にだって人生がある。1番ダメなところ。メリー号の人生はすごかったし読者も一緒に冒険を体験してきたからこそメリー号との別れは泣きすぎて3回くらい死んだ。続き気になって生き返ったけど。

本当にダメだと思う。こんなに泣かせるのは。

君も人生でつまづいたりすることがあると思う。「自分の人生こんなんでよかったのかな」なんて考える夜もあると思う。

そんな時は”ONEPIECE”を読んでみてはしい。君の人生に当てはまるようなキャラクターがいるはずだ。

この漫画はキャラクターの人生を通して、夢の持ち方や、親、恋人、仲間、友達の大切さを教えてくれる漫画だ。

読んで損はない。そうだ。本屋に行こう。今すぐ。

歩くのがめんどくさい?仕方ないなあ。

リンク貼っとくからamazonやKindleで読みな。

言葉が胸に刺さりすぎてやばい

よく「“ONEPIECE”名言が多い」と言われている。確かに間違いではない。

名言をまとめた“STRONG WORDS”という公式本も発売されているくらいだ。この本はマジでいい本。買いな?

ONE PIECE STRONG WORDS 上巻 (集英社新書) | 尾田 栄一郎, 内田 樹 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで尾田 栄一郎, 内田 樹の ONE PIECE STRONG WORDS 上巻 (集英社新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。尾田 栄一郎, 内田 樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また ONE PIECE STRONG WORDS 上巻 (集英社新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料...

「生ぎたいっ‼︎‼︎」というロビンの名シーンがある。何も知らない人はこのシーンを見て「女が鼻水垂らして泣いてて草」って感じるのかもしれない。

だからこのシーンが世間に一人歩きしてしまった時に、コラ画像の素材として使われてしまった。これは何も知らない人だからこんな使い方をすることができる。

しかし、読者はどうだろう。そのような光景を見て、あまり好ましく思わないはずだ。

ロビンがこれまでにしてきた経験や孤独、悲劇。それを全部知った上で、ロビンが言うはずもなかった「生きたい」という本心が彼女の口から出てきたことに読者は涙をしたからだ。

それ故にこのシーンは名シーンとなり、名言となった。

そう。受け取り手によって名言というものの印象は180度変わってしまうのだ。

名言が悪い面に転がることも少なくはない。だが、この漫画の名言の9割が良い方向に転がっている。

それはただ単に感動するという理由だけではない。

それは読者それぞれ一人一人が物語に出てくる言葉一つ一つをちゃんと読み込み、自分の心にズシっときた言葉を選んでそれを名言と認識しているからだ。

誰もが心に残る名言じゃなく、自分の心に残る言葉を読者は選んでいるのだ。

この漫画が世界的に人気である一つの理由がこれだと思っている。

そうやって一人一人の心をちゃんと掴んでくるこの漫画は本当に素敵だと思う。素敵すぎてダメ。

そんな漫画が近くの本屋さんにも売ってるのに買わない手はない。

は?給料日前で金がない?仕方ないなぁ。そんな君にはこれだよ。

毎日無料で読める公式アプリ。しかもこれ、フルカラーで読めちゃうのやばくない?

これを給料日まで読んで給料入った瞬間、買いに行け!

‎ONE PIECE 公式漫画アプリ
‎毎日13時に貯まる「ログ」を使って『ONE PIECE』をフルカラーで毎日1話以上読める公式ポータルアプリです。 『ONE PIECE』公式漫画アプリについて ■毎日1話以上、漫画が読める 漫画作品『ONE PIECE』フルカラー版を、「ログ」を使って毎日1話以上読めます。 (読み返しには再度ログ消費が必要です。...

絵が細かすぎてやばい

巻頭カラーとか月1や2カ月に1回であるんだけどその時の色使いとかキャラの書き方とかメッセージとか動物とかやばすぎてダメ。

単行本とかだと白黒になっていて見にくいよね。色とか見えないしね。わかる。

でもそんな君達にも見る方法があるんだよ。やばいよ。

綺麗なフルカラーやポスターなどに使われた絵などをまとめた公式の天才画集があるんだよ。やば。神冊子。“COLOUR WALK”という画集なんだけどやばい。

尾田栄一郎氏と著名人の対談が毎回のように掲載されていて本当に最強な画集。

とりま買いな?

ONEPIECEイラスト集 COLORWALK 8 WOLF (愛蔵版コミックス) | 尾田 栄一郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで尾田 栄一郎のONEPIECEイラスト集 COLORWALK 8 WOLF (愛蔵版コミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。尾田 栄一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またONEPIECEイラスト集 COLORWALK 8 WOLF (愛蔵版コミックス)もアマゾン配送商品なら通常配送...

まあ、作中の絵も半端ないよな。建物の構造もちゃんとしてるし本当に細かすぎてダメ。

「建物こんな凝ってる漫画家そんなおらんて」ってくらい凝ってる。

シャボンティ諸島で本当に驚いたのがグローブごとの街の書き分け。すごいと思った。(語彙力)

そんな書き分けや凝った建物、かっこいいキャラクターが観れるのは漫画だけ。なので、ぜひ本屋に行け。ちなみに公式インスタではどのようにカラーが描かれているのかを見ることができる。

外見が熱血なのに中身はナイーブでやばい

言うなれば、外サクサク中フワフワの食べ物みたいなギャップを持っている漫画だ。

意味わかんな。

第一印象まじで「おい!熱くなれよ!」とかみんな言ってそうだしひと昔のギャルのSNSみたいに「人生楽しんだもん勝ちっしょ1」みたいなことをキャラたちが平気で言いそうと思っていた。

本当に麦わらの一味とかもただの仲良しこよし集団、大学のサークルみたいなノリのイメージ強かった。

読んだら540度見方変わった。なんなら、1話読んだだけでだいぶ印象変わった。

「ええ。シャンクスの腕食われてるやんけ。。。」って小学生ながらに思ったし、「悪魔の実の代償でかっ」って思った。

それからどんどん読み続けていくうちに、一味のそれぞれがたくさん苦労していて、自分の夢や目標もちゃんとしていて、何よりそれぞれの役割を果たしてい流のが衝撃だった。ただの仲良しこよしだと思ってたの失礼すぎる。。。

あと、内容は熱いんだけど本当に冷たかった。ルフィがエースの死を目の当たりにするシーンとかまじで凍ったし、その後主人公が自暴自棄になっていて、めっちゃ冷たかった。

過去編で絶対誰か死ぬし、みんな闇抱えているし、

でもそれを周りがそれぞれの立場から行動や言葉でその人を救っていく。本当に素晴らしい構成だと思う。迫力ある戦闘シーンが時に渋くて、苦く、そして熱いのがまたいい。

っていうか割と話逸れるけど、ルフィがサンジの蹴りをずっと受け続けたシーンまじで泣いたー。ウソップの時とは全然違う苦しみがあった。仲間との絆の深め方がマジで粋。泣く。

下手な自己啓発読むより、”ONE PIECE”読んだ方が絶対為になる。人の夢を笑わないことをここで学んだし。

とりあえず、読んでみようよ!よさが絶対にわかるって!

まとめ

本当にダメなところが多すぎる。面白すぎてダメだよ。本当に。

尾田栄一郎氏が描いた世界観を楽しめる世界線に生まれて本当に良かったと思ってる。

恵まれすぎたよまじで。途中で読むのを断念してしまった人、”ONEPIECE”が嫌いだった人にもぜひもう一度でいいからONEPIECEを読んでみてほしい。

この作品を読むことで視野が広がるのはマジ。長編漫画だから新規が参入しにくくなってるかもしれないけど、ぜひ読んでいただきたい。

“ONEPIECE”という作品にとっつきにくい方はまず映画を見てみるといいかも!おすすめ貼っておきますね!めっちゃ面白いから!是非!

これはすごい面白いやつ。

One Piece Film: Strong World | Netflix
Legendary pirate Shiki reappears in East Blue planning to destroy the World Government. When he kidnaps Nami, the Straw Hats confront a strange land.

下のDVDは昨年公開された作品だよ!

ONE PIECE STAMPEDE
「祭り屋」と呼ばれる万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味。導かれるまま会場に着くと、華やかなパビリオンが所狭しと並び、世界中から海賊たちが群がる、大きな盛り上がりをみせていた。そこには勢揃いした“最悪の世代”キッドやベッジ、ホーキンスにボニー、さらにはバルトロメオ、キャベンディッシュ...

とにかく面白い作品なので!全国民のみんな!読め!

written by Bro.

コメント

タイトルとURLをコピーしました