漫画『ブルーロック』がバチクソ熱いので読んで欲しい

スポンサーリンク
オススメ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブルーロック

週刊少年マガジンにて連載中のサッカー漫画。

「神さまの言うとおり」や「僕たちがやりました」の金城宗幸がノ村優介とタッグを組んだ作品。

あらすじは以下の通りです。

2018年、W杯、日本代表ベスト16敗退…。

これを受け日本フットボール連合は、W杯優勝のため、300人の高校生を集めた育成寮“青い監獄(ブルーロック)”を設立。

コーチを務める男・絵心甚八は、日本に必要なのは「エゴイズムにあふれるストライカーだ」と断言。

無名のFW・潔 世一たちは、己をエゴイストに変える蹴落とし合いの選別に挑む!

サッカーというよりサバイバル漫画

過去にも沢山サッカー漫画というものは書かれてきた。

もう出尽くしたかのように思われたサッカー漫画がこんなに新しく面白い形で出てくるなんて考えもつかなかった。

自分がFWとなる為に仲間と蹴落とし合い、負けてしまえば一生サッカーができなくなる漫画。

ストイックでシビアな世界で繰り広げられるこの漫画には、スポーツ漫画にありがちの根性論がない。

サバイバル漫画に非常に近い作品だ。

現実的

全然とんとん拍子にいかない。

出される指示も怒られてる内容も全部現実的な感じ。

現実的だからこそ伝わるものが沢山あるし、脱落していく人達の悲しみもひしひしと伝わる。

生き残る為に必死なのに互いに能力を認め合っていくのがまた良い。

自分のサッカー人生を賭けてサッカーに立ち向かう姿は必死過ぎてなんだか泣ける。

良いキャラクターが負けてそこを出ていく時とかめちゃくちゃ泣ける。

是非読んでほしい。

まぁ、読め

とりあえず読もう。ブルーロックを読もう。超面白いから。

‎ブルーロック(1)
‎マンガ/グラフィックノベル · 2018年

全9巻だし、まだそんなに長くないから今の内に読んで起こう!

それでは!

また明日ブログで!

written by Bro.

コメント

タイトルとURLをコピーしました