【漫画大学】ONEPIECE学部 必修基礎①あらすじと世界設定

スポンサーリンク
ONEPIECE学部
スポンサーリンク

スポンサーリンク

あらすじ

25年前(61巻以降の時間を基準とする)、

海を制した海賊王ゴールド・ロジャー(正式名称:ゴール・D・ロジャー)は彼の生まれの地である”東の海”ローグタウンにて24年前に公開処刑された。

その処刑時、死際に放った一言が全世界の人々を海へと駆り立てた。

「おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ・・・探してみろ

この世の全てをそこに置いてきた」

この言葉と同時に大海賊時代が始まった。

12年前フーシャ村にいる少年モンキー・D・ルフィは

島に停泊し、フーシャ村近辺を航海していた赤髪海賊団と友達になり

いつしか海賊に憧れを抱くようになる

その時にある出来事があり、

それをきっかけにルフィはより海賊へ憧れを抱き

赤髪海賊団の前で海賊王になる事を宣言する。

それを聞いた赤髪海賊団の船長シャンクスはルフィに麦わら帽子を預け

立派な海賊になって再会する事を約束する。

そこから10年後フーシャ村から

ルフィは海賊を目指して冒険を今も続けている。

ONE PIECEの世界設定

この世界では海は2つのラインによって4つの海に分けられています。

それは①北の海(ノースブルー)②南の海(サウスブルー)③西の海(ウエストブルー)

そして、ルフィがいたフーシャ村がある④東の海(イーストブルー)の④つです。

その4つの海出身の海賊達はこの世界を横に区切っている航路、

偉大なる航路(グランドライン)を目指して旅に出ます。

グランドラインに入る方法は海賊達にとっては一つだけです。

それが上の図で海が交わっている所を指します。

ここは山になっていて、この山を海流で登りグランドラインへと入ります。

この山をリヴァース・マウンテンと呼びます。

この山はこの世界を縦に区切っている世界一周する大陸

赤い土の大陸(レッドライン)にあります。

東の海を下に突っ切れば構造上、グランドラインへと行けるかと思いきや行けません。

理由はグランドラインはある二本の海域に挟まれているからです。

それを無風の海域“凪の帯(カームベルト)”と呼びます。

このカームベルトには風も吹いておらず、気候は一定。

一瞬良く聞こえますが、そこは大型の海王類達が住む巣窟。

そこに入れば運が良くない限り、船ごと食べられてしまいます。

なのでリヴァースマウンテンしかグランドラインに入る場所がないのです。

そしてグランドラインを半周した先に見えるのは反対側のレッドライン。

それを越えた先のグランドライン後半の海を新世界と呼びます。

それを越えるには海底でレッドラインの下を潜り、魚人島を介して新世界を目指すか

レッドラインの上に登り

天竜人にの住む聖地”マリージョア”を通るかの2択です。

どちらも危ないですね(汗)

今日はここまで!

また明日もやれたら漫画大学のコーナーをやります!

それでは失礼します!

バイバイ!

[第1話]ONE PIECE - 尾田栄一郎 | 少年ジャンプ+
時は大海賊時代。いまや伝説の海賊王G・ロジャーの遺した『ひとつなぎの大秘宝』を巡って、幾人もの海賊達が戦っていた。そんな海賊に憧れる少年ルフィは、海賊王目指して大いなる旅に出る!!

written by Bro.

コメント

タイトルとURLをコピーしました