【Netflix】『泣きたい私は猫をかぶる』の心理描写が繊細すぎる

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

スポンサーリンク

泣きたい私は猫をかぶる

『泣きたい私は猫をかぶる』予告編 – Netflix

“ケロロ軍曹シリーズ”や”ペンギンハイウェイ”、”劇場版エヴァンゲリオン”にも携わった監督佐藤順一と

“とらドラ!”や”あの日見た花の名前をまだ僕達はまだ知らない”等の感動作品を数々この世界に輩出してきた脚本家岡田麿里が

タッグを組んだ長編アニメーション映画。

当初、劇場公開を予定していたが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、急遽Netflixでの配信となった。

6月18日にNetflixにて全世界同時配信をされている。

あらすじ

A Whisker Away | Netflix Official Site
A peculiar girl transforms into a cat to catch her crush's attention. But before she realizes it, the line between human and animal starts to blur.

周囲に馴染む事ができなかった少女・佐々木美世は「無限大謎人間」と周りに称され、ムゲとクラスメイトに呼ばれるようになる。

そんなムゲは家庭環境にも多大な問題を抱えていた。

ムゲの唯一の楽しみは猫に変身して好きな人に会いに行くこと。

しかし、そんな日々を繰り返す内に猫と人間の境界線を見失ってしまう・・・

1番の魅力

魅力は主人公ムゲの心理描写だ。

いつも元気で笑顔。その笑顔に隠れた思春期の悩みや悲しみ。

「居場所」や「愛」を欲する多感な時期の高校生が情緒不安定に色んなものへとぶつかっていくその心理描写には圧巻だ。

声優の演技力と映像技術が完璧で、その心理描写がどんどん際立っていく。

テンポ良く、転がっていく心と物語について行くと自分がムゲの人生を追体験しているような感じになれる。おすすめ。

泣ける

人それぞれだと思うが、なんだか青春って感じがして泣ける。ラブストーリー嫌いの僕でも好きになれた作品。

敢えて主人公が猫になる事で、人間でいる事の難しさや人間をやめてしまいたくなる辛さをより目立たせる事ができていた。

それでも人間でいたいと思える理由や、この世界で生きていたいと思えるものとは何だと考え、行動してみようと思える映画。

人生に迷う若い頃だからこそ、刺さるストーリー。

主題歌のヨルシカが良い

今や大人気バンドとなったヨルシカがこの映画の主題歌及び挿入歌、エンドソングの合計3曲を担当した。

良い映画はアーティストの曲を流してもMV感が出ない。本作品もそうであった。

BGMとして挿入歌として最高の作品となっていたのは間違いない。

挿入歌は「夜行」エンドソングは「嘘月」。どちらも素晴らしい楽曲だった。

そして、名曲な主題歌「花に亡霊」は既にヒットしているが、この作品を観た後に聴くとより鮮明に聴こえて感動が増す。

ヨルシカ – 花に亡霊(OFFICIAL VIDEO)
ヨルシカ「嘘月」×『泣きたい私は猫をかぶる』PV|Anime News
ヨルシカ – 夜行 (OFFICIAL VIDEO)

花に亡霊

ヨルシカの"花に亡霊"
曲・4:00・2020

夜行

ヨルシカの「夜行 - Single」
アルバム・2020年・1曲

“嘘月”収録アルバム7月末リリース予定

まとめ

自分の周りにいくら幸せが蔓延って至って、愛されていたって

その人がいなくなってみないとわからない。

今置かれている環境がなくなった時に初めて気づく大切なもの。

今の社会になんだかぴったり。

そんな作品を是非この時代にその目で観よう。

Netflixへ!さあ行こう。

A Whisker Away | Netflix Official Site
A peculiar girl transforms into a cat to catch her crush's attention. But before she realizes it, the line between human and animal starts to blur.

written by Bro.

コメント

タイトルとURLをコピーしました